2021年12月31日

碧亜希子モザイク展 -Nostalgia-

【本業とは別の久しぶりの日記デス〜】

年内の営業を終えて身体中がまだ小麦粉まみれではありますが、今年も碧さんの個展が開催されていたのでお邪魔してきました(忙しくても風呂には入ろうな?)。

個展に至るまでの経緯や展示の詳細はラ・ネージュ亭主四方有紀さんの素晴らしいnoteをご覧いただくことにして、こちらでは僕なりに感じたことを書き残しておきたいなと。


001.jpg


002.jpg

このラ・ネージュという空間に惚れ込み、ここ数年はこの場所と、亭主の四方さんを始めこの場所で出会った方とコラボレーションするように作品を作ってこられた碧さん。


003.jpg

「この場所は作品が踊るステージなんです」という碧さんのお言葉を借りれば、真正面の大舞台には今年を代表する作品群が連作のようにリズムよく並んでいます。


018.jpg

石の凹凸を活かすだけでなく、薄い布で覆うように使われた白が印象的な真ん中の作品。

情報を因数分解して明文化すれば”『平面』なんだけれど石の『立体』感がある。そこに色の『疎』と『密』のリズムもプラスされ、常に放たれている”という作品から漂う「アルコール度数」が毎度のことながらストロングで脳が揺れる揺れる(笑)


004.jpg

「今年はいつも以上に『密度』を感じます」と受けた印象を率直に伝えてみると碧さんご自身も想うところがあったようで、「最近、これまでやってきたことは『すごくシンプルなことをあえて難しくしている』ように感じてきている。それはその時々では間違いではなかったのだけれど、今の気分はもっと密度の高いエネルギーをただ描きたい」との言葉が伺えて。

密度を上げるために色のレイヤードを使って重層的に描きつつ、それでいて白を基調としたトーンは柔らかく、朝もやを浴びた木々や大地が湿気を伴って匂い立つような土臭くも甘いあのエネルギーが薫るようでとても気持ちがいい。


010.jpg

「個展中だからといって手を止める理由にはならない」と会期中に完成した最新作は碧さんが「ここまでたどり着いた」と思える作品で、ここにこれまでの様々なエッセンスが濃縮されているように感じました。こんなのストレートだと一発でヤラれるから時間をかけてゆっくり味わうか薄めないと飲み込めねぇすよ(笑)


011.jpg

経験を積まれたギリシャの石畳のようでもあり、上空から見下ろした夕暮れの街並みのようでもあり、トライバルなステップで踊る石達のダンスの痕跡のようでもあり、ただ一人の人間がここに「在る」召命のようでもあり。

ぱつんと瞬間的に割られた石を延々と並べる時間の疎と密。
固い石がそれぞれの個性で並び、生まれる柔らかいカーブ。
人の手が加わり、作為的であるはずなのに石の奔放さもあって。

たくさんの相反する事象がこの作品の中では作家の決断の下にひとまず均衡を保ち、共存している様に可笑しみすら感じるほど。

人は誰しも土に還ることを想えば、石で描くとは「固い異物」をコントロールするのではなく、一足先に土に還った先人たちと言葉以前の言葉で語らい、「生と死」という深い隔たりを超えて柔らかい「つちくれ」共がただ戯れている。それだけでありそれがすべてなのかな、と思ったり。


この個展ではモザイク作品のほかにもモナステリー(修道院)と名付けられた立体作品や、画家・野村昌司氏が碧さん制作の壺に三美神を描いたコラボレーションなどもありました。

005.jpg



006.jpg



007.jpg


中には碧さんが制作され、一度は完成した作品でコラボレーションをするといういかにも碧さんらしい「無茶ぶり」から生まれた作品も(笑)


008.jpg



009.jpg

"Blue Snow”、”Green Snow”と銘打たれ、窓の隙間から見える雪を表現された作品。
本来白いイメージのある雪に色をつけるイマジネーションに面白い浮遊感が。

思えば、この「ラ・ネージュ(雪)」と名付けられた白い空間で、雪の結晶のように人と‪人が繋がり、笑顔が積もっていく様子はまさに雪のようで言い得て妙だなぁと。

会期が終われば作品は片付けられ、人は自分たちの場所にほどけていってしまうけれど、ここで降った想いはそれぞれの人の胸で溶け、いつまでも誰かを潤している。
僕もほんのひと時、そんな結晶のカケラとしてみなさんと繋がれたことを嬉しくありがたく思いました。

今後の碧さんは野村さんからの「逆無茶ぶり」を受けて絵画をモザイクで描くコラボレーションをされるなど、まだまだ観察対象として目が離せない様子(笑)


015.jpg


また雪の降る季節にお会いできることを楽しみにしています。
碧さん、四方さん、今年も素敵な展示と時間をありがとうございました。


016.jpg
posted by はなとね at 14:03| Comment(0) | 日記

2020年12月30日

AO2020『光のある方へ』 碧亜希子モザイク展

年内の店頭販売を終え、ホッと一息ついていた時に一通のメッセージが。

モザイク彫刻家の碧亜希子さんが個展をされていて、良かったら来ませんかとのお誘い。

「飲食業の方をお誘いするのは気が引けるのですが、来るならカメラを忘れずに(にっこり)」という事実上の赤紙をいただいたので、「気にはなってるんだけどな…」という気持ちの背中を押していただき、マスクをぴしっと装着して行って参りました。


001.jpg

会期の最終日に伺ったので個展の様子はSNSで拝見していて、今回は昨年の個展に比べてずいぶん具体的なモチーフを多く取り上げられていたのが気になりました。

本来であればまずは作品をじっくりと拝見し、作品にこもったメッセージやエネルギーを自分なりに感じ取って咀嚼するのがマナーかと思うのですが、「マナーと障子は破るためにある」がモットーの人間(前世は猫)なので行くなりビリビリッと「今年の、めっちゃ具体的ですね」と作家さんご自身に訊いちゃいました。

そんな不躾な所作に慣れっこの碧さんは困った顔ひとつされず、「今年は自分も社会も大変なことになって相当疲弊していた。そういう時に抽象表現は観る人との距離が遠い気がして。今年はどんなことをしてでも観る人に歩み寄りたかった。
制作時期によって抽象的な作品もあるけれど、個展としてメッセージの一貫性を維持するよりも、『2020年はこんな年だった』ということを残しておきたいと思った」とのこと。

確かに抽象表現の「輪郭のある正解がない感じ」も楽しいけれど、観る側にエネルギーやモチベーションを求める部分はあるもんなぁ。そういう意味では「具体」って助かる。

鑑賞前に「とにかく今年のぜんぶが展示してある」という補助線をいただいたので少しリラックスして観ることができました。その様子を写真にておすそ分けさせていただきます。


002.jpg

入ってすぐにはぽってりとした作品「雨のもどりみち」がお出迎え。
まんまるで穴の空いたタイルも碧さんの手によるものなんですよ。
この距離感、この愛らしさのつつましい感じがとても碧さんらしいと思います。


003.jpg

その上には白を基調とした作品。
本来ならモルタルを流してお好み焼きのようにひっくり返し、隠してしまう裏面のでこぼこに石の魅力を見出したところにヒネリが効いてます。


004.jpg

剥き出しの内面を認めていく、というところに温かな赦しを感じます。


007.jpg

その下には今年、ド肝を抜かれた新しい試み、アマビエさま達が。


008.jpg

目と鼻があるだけで途端にわかりやすくカワイくなるなぁ。


012.jpg

奥にはデザイナーさんや職人さんとのコラボレーションで作られたランプが。
ランプシェードはへら絞りという加工技術で、いろんな形を一点から作れるものなんだそうですよ。

「人と繋がる」ということの大切さを改めて考えさせられた一年でもありました。


013.jpg



014.jpg



015.jpg



016.jpg



017.jpg

ちょこんとトグルスイッチがついてるの、いいですね。


018.jpg

奥の壁には「ZOOM在廊」というこれまた新しい試みが。
碧さんが在廊されていなかった時にはアトリエと繋がってお話ができたそうです。
愛犬まろちゃんも個展に参加するアプローチ、面白いです。

こちらのギャラリー、『同時代の茶室 ラ・ネージュ』の亭主・四方さんにとっても今年は変化と発見の一年だったそうで、「実際に足を運んでもらってナンボ」だったギャラリーにオンラインを介して人と人が繋がっていく、そのダイナミックな「こんなのもアリ」という発見は新しい可能性との出会いだったそうです。

そう思うと「テレワーク」を筆頭に、テクノロジーによって人と人、場所と場所が繋がる一年でもありました。


019.jpg

雪のように白い作品をスクリーン代わりに「うちで踊ろう」が。
そう言えば400枚を超える写真が碧さんからどーんと送られて「これを『うちで踊ろう』に合わせて動画にしてください」と言われたのも今年でしたっけ。





020.jpg

そして今年を象徴する作品たちが並べられた空間へ。


022.jpg

木の板をモザイクで埋め尽くさない試みを観るのも初めてならば、枝というモチーフも初めて観ます。


023.jpg

具体的に、身体的に「見上げるものを作りたかった」と碧さん。


024.jpg

精緻な技術はもちろん、接着面を見せないように木を少し掘ってから石を並べていくニクい仕事も素敵です。


025.jpg

こちらも枝をモチーフにされた作品。
木の枝は成長に際し、不要になれば自ら細い枝を落とし、その傷口を覆って成長していくそうです。
そんな木の在り方に惹かれたというお話を伺いました。


026.jpg

「外に放たれていくエネルギーよりも、内を巡り、循環するものを愛おしいと思う」と碧さん。


027.jpg

「細い枝を落とし、治っていく幹」にインスピレーションを受けた作品は月に雲がかかるようにも見えました。


028.jpg

近づけば近づくほど、見れば見るほどに時間の流れがゆっくりになり、ついには止まってしまいそうです。



029.jpg

その横には枝を手に持つ作品がありますが…


030.jpg

枝が少し浮いています(本当に細かい作業が美しい…)。


031.jpg

光が当たると影の枝を掴みました。
言葉少なに「影があるところには、光があるから」と言っていたのが印象的でした。



032.jpg

最後は石と話しあった記録のような作品で締めくくられていました。



033.jpg

またこういった作品ともじっくりと安心して向き合える日がくるといいですね。



035.jpg

碧さん、四方さん、とても素敵な展示と時間をありがとうございました。

posted by はなとね at 01:30| Comment(0) | 日記

2020年05月20日

21(木)〜23(土)は淡河町でパンを焼いています。

夜、田んぼからかえるの大合唱が聞こえてきます。
かえるみたいに夜のプールに浮かんで星を見上げたらさぞかし気持ちがいいだろうな
(たしかそんなシーンが映画『打ち上げ花火下から見るか横から見るか』にありましたね)。

なんてことを思いながら今週もパンを焼きたいと思います。
静かな夜にもくもくとパンを焼くのもなかなか気持ちがいいものです。


5772.jpg

今週からご要望を頂戴していたドリンクのテイクアウトを始めたいと思います。
温かいものも冷たいものもご用意していますのでよろしければご利用ください。

仕込みが間に合えばいつものラインナップに加えて季節限定のベーグルも焼きたいと思っています〜。

posted by はなとね at 14:57| Comment(0) | 日記

2020年03月25日

26(木)〜28(土)は淡河町で、29(日)は大阪・北堀江でお待ちしています。

先週は金曜日が祝日で、たくさんのお客様にお越しいただきありがとうございました。

今週は雨の予報も出ていますし、少しのんびりしているかもしれません。
変わらずめいっぱいパンは焼きますので、縁側に腰掛けながら雨宿りをしにいらしてください。


5761.jpg

また、いつもは夜型人間で引きこもってばかりなのですが久しぶりに都会にでます。


5762.jpg

大阪は北堀江にある「BOTANIST SHOP」さんでパンの販売にお邪魔します。



当日はコーヒー豆も持っていって、コーヒーも提供させていただく予定です。
木曜日から3日間店頭販売をした後、果たしてどれだけのパンを用意できるのか…がんばります。


以下、いつものお知らせです。


◎現在、お買い求めいただけるパンに個数制限をお願いしています。

パンはベーグル・スチームベーグル(米粉の蒸しぱん)合わせてお一人様10個まで、一家族様20個まででお願いいたします。イートインとテイクアウトを合わせて10個でお願いいたします。
(うしろにお待ちのお客さまがいらっしゃらなければ10個以上買い求めていただけますので、よろしければお選びください)。

◯木曜・金曜・土曜と10時〜16時でお待ちしています。
イートインスペースではベーグル・米粉の蒸しぱんのほか、ベーグルのサンドイッチやお飲物をご用意していますのでどうぞご利用ください。

◯今週はプレーンベーグルの車麩サンド(700円)と自家製鳥ハムのサンド(650円)、テイクアウトもしていただけるサンドイッチとして、プレッツェルのハムサンド(500円)と洋梨とクリームチーズのサンドイッチ(500円)をご用意しています。

イートイン限定のサンドイッチは、前日の16時までお電話でご予約をお受けしています。
090-5672-3438までお気軽にお申し付けください。
*お電話でご予約をお受けできるのはサンドイッチのみになります。
 当日、パンをご希望の場合は順番にお並びいただきますこと、ご了承ください。
posted by はなとね at 13:53| Comment(0) | 日記

2020年01月22日

23(木)〜25(土)は淡河町でお待ちしています。

今週から奥座敷の屋根の修繕が始まりました。


5751.JPG

一日で瓦が剥がされ、


5752.JPG

次の日には板が貼られていました。
職人さんはすごいです。

瓦をめくった先にあった柱には昭和32年に建築されたと書かれていたそうなので60年ほど前に建てられた箇所になりますが、それでもこのお家の中では一番新しい家屋だろうねというお話でした。


5753.JPG

今回の修繕で茅葺の屋根は手つかずですし、パンも変わらずに販売・提供していますので今週もよろしければお越しください。


以下、いつものお知らせです。

◯木曜・金曜・土曜と10時〜16時でお待ちしています。
イートインスペースではベーグル・米粉の蒸しぱんのほか、ベーグルのサンドイッチやお飲物をご用意していますので、どうぞご利用ください。

◯今週はプレーンベーグルの車麩サンド(700円)と自家製鳥ハムのサンド(650円)、テイクアウトもしていただけるサンドイッチとして、プレッツェルのハムサンド(500円)と洋梨とクリームチーズのサンドイッチ(500円)をご用意しています。

イートイン限定のサンドイッチは、前日の16時までお電話でご予約をお受けしています。
090-5672-3438までお気軽にお申し付けください。
*お電話でご予約をお受けできるのはサンドイッチのみになります。
 当日、パンをご希望の場合は順番にお並びいただきますこと、ご了承ください。
posted by はなとね at 09:17| Comment(0) | 日記

2019年12月24日

碧亜希子モザイク展-Condensed Silence-

最高に素敵な はなとねの看板 を作っていただいたり(お庭のベンチも!)、個展の度(これとか、これとか)に新しいスタイルを見せてくださったりと目が離せないモザイク彫刻家の碧亜希子さんが現在個展を開催中とのことで、出不精な僕も久しぶりに京都まで出かけてきました。


01.jpg

京都は伏見にあるオーナーさんの「遊び場」、ラ・ネージュさんへ。


02.jpg

碧さんがこの場所に惹かれ、当て書き( あてがき)するようにイメージが湧いたという作品はどれもこの空間と馴染み、溶けこんでいるようでした。


03.jpg



04.jpg

午前中に射す光が石を自然に輝かせると聞き、無理を言ってオープン前にお邪魔したのですがこの日は生憎の曇り空。眩しい光こそありませんでしたが、柔らかい光に包まれた作品はすっぴんのようで、これもまた観ていて心地のよいものでした。


05.jpg

「海にはいって水面を眺めながら揺られ、時間が過ぎていく感覚」、その永遠の瞬間と向き合えるような石のゆらめきが。



06.jpg



07.jpg



08.jpg



09.jpg

碧さんは「整然としていること、精緻であることが美しさのすべてではない」と。


11.jpg

灯のゆらめきを眺めているときは言葉を交わさなくとも通じるものがあって。


12.jpg



13.jpg

窓の外に降る雪の白さにはそれぞれの思い出が重なって。


14.jpg

意味や形や色、そういったものにとらわれない、「ただそこにある」ものを作りたいと思ったという一番新しい作品と向き合っていると自分自身もまた、「ただそこにあれ」と言われているようでふっと気持ちが楽になりました。


15.jpg 

こちらの個展は年内は終了し、また来年の1月6日から9日まで催されますので、ぜひ実際にご覧になってみてください。
碧さん、四方さん、素敵な時間をありがとうございました。

posted by はなとね at 20:46| Comment(0) | 日記

2019年10月30日

31(木)〜11/2(土)は淡河町でお待ちしています。

今週は週末までずっとお天気がいいみたいで空の高さが気持ちよさそうです。


5736.jpg

朝晩こそ冷えますが日中のひなたぼっこにもぴったりなので、ぜひ遊びにいらしてください。
パンの種類もがんばっていろいろご用意します〜。


以下、いつものお知らせです。

◎現在、お買い求めいただけるパンに個数制限をお願いしています。

パンはベーグル・スチームベーグル(米粉の蒸しぱん)合わせてお一人様10個まで、一家族様20個まででお願いいたします。
イートインとテイクアウト、合計10個でお願いしたいです。
(うしろにお待ちのお客さまがいらっしゃらなければ10個以上買い求めていただけますので、よろしければお選びください)。

◎これまではお越しいただいた順に受付表にお名前を書いていただいていましたが、今週から朝の9時30分より整理券をお配りいたします。
パンとサンドイッチ、それぞれご希望の整理券をスタッフよりお渡しいたします。
整理券をお持ちのお客さまに10時のオープンより順番にご案内いたします。

日曜日のネット予約、前日までの電話予約のお客さまご優先でのご案内になりますので、ご予約のお客さまは店頭のスタッフまでお声がけください。

◯木曜・金曜・土曜と10時〜16時でお待ちしています。
イートインスペースではベーグル・米粉の蒸しぱんのほか、ベーグルのサンドイッチやお飲物をご用意していますので、どうぞご利用ください。

◯今週はプレーンベーグルの車麩サンド(700円)と自家製鳥ハムのサンド(650円)、テイクアウトもしていただけるサンドイッチとして、プレッツェルのハムサンド(500円)と洋梨とクリームチーズのサンドイッチ(500円)をご用意しています。

イートイン限定のサンドイッチは、前日の16時までお電話でご予約をお受けしています。
090-5672-3438までお気軽にお申し付けください。
*お電話でご予約をお受けできるのはサンドイッチのみになります。
 当日、パンをご希望の場合は順番にお並びいただきますこと、ご了承ください。
posted by はなとね at 12:13| 日記

2019年08月28日

29(木)〜31(土)は淡河町でお待ちしています。

先週、暑い中にも少し秋の気配を感じるナァ〜と思っていたら、いきなりの雨続きで週刊連載の少年マンガのような展開のお天気に読者もドキドキです(がんばるお天気先生に励ましのお便りを出そう!)。

僕としてはそれなりに涼しくてそこそこ晴れてくれればハラハラする展開はいらないのですが。


5725.jpg

セミや鳥の声で賑やかだった夏もいい感じでしたが、雨音がぽつぽつと静かな感じも心地よいです。

今週、雨が続いたり肌寒さを感じた際にはお庭に出していたちびっこプールはおやすみさせていただきます。
どうぞご了承ください。


以下、いつものお知らせです。

◎現在、お買い求めいただけるパンに個数制限をお願いしています。

パンはベーグル・スチームベーグル(米粉の蒸しぱん)合わせてお一人様10個まで、一家族様20個まででお願いいたします。
イートインとテイクアウト、合計10個でお願いしたいです。
(うしろにお待ちのお客さまがいらっしゃらなければ10個以上買い求めていただけますので、よろしければお選びください)。

◎これまではお越しいただいた順に受付表にお名前を書いていただいていましたが、今週から朝の9時30分より整理券をお配りいたします。
パンとサンドイッチ、それぞれご希望の整理券をスタッフよりお渡しいたします。
整理券をお持ちのお客さまに10時のオープンより順番にご案内いたします。

日曜日のネット予約、前日までの電話予約のお客さまご優先でのご案内になりますので、ご予約のお客さまは店頭のスタッフまでお声がけください。

◯木曜・金曜・土曜と10時〜16時でお待ちしています。
イートインスペースではベーグル・米粉の蒸しぱんのほか、ベーグルのサンドイッチやお飲物をご用意していますので、どうぞご利用ください。

◯今週はプレーンベーグルの車麩サンド(650円)と自家製鳥ハムのサンド(600円)、テイクアウトもしていただけるサンドイッチとして、プレッツェルのハムサンド(500円)と洋梨とクリームチーズのサンドイッチ(500円)をご用意しています。

イートイン限定のサンドイッチは、前日の16時までお電話でご予約をお受けしています。
090-5672-3438までお気軽にお申し付けください。
*お電話でご予約をお受けできるのはサンドイッチのみになります。
 当日、パンをご希望の場合は順番にお並びいただきますこと、ご了承ください。
posted by はなとね at 14:24| 日記

2019年06月20日

パン

本日もパン、いつもどうり焼けています〜。
posted by はなとね at 07:35| 日記

2019年05月29日

30(木)〜6/1(土)は淡河町でお待ちしています。

近くの田んぼでは田植えが始まりました。


5704.jpg

かえるがめっちゃ鳴いてるので、聴きにいらしてください。


5705.jpg

遅れに遅れているネット通販の発送、ようやく今週から対応させていただいています。
6月は通常の店頭販売以外イベントでの販売へはお出かけせず、週の前半はネット通販に集中する予定ですので、ご注文くださったお客さまはどうかいましばらくお待ちください。


「おはよう朝日です」でご紹介していただいて以降、こちらの力不足からいろいろとワガママを言いました。
今週はご予約のパンの個数まで10個とお願いすることになり恐縮です…。

ご予約状況からみると、「おは朝」でのご興味は一段落したのかな…と。
一応、今週もご購入の個数制限を設けさせてはいただきますが、徐々にまたひっそりとした山奥のベーグル屋に戻りつつある感じがします。

梅雨が明けたらお子さまに遊んでいただけるちびっこプールも出したいですねー。


それでは以下、いつものお知らせと今週の知らんがなニュースです。

◎お買い求めいただけるパンに個数制限をお願いしています。

パンはベーグル・スチームベーグル(米粉の蒸しぱん)合わせてお一人様10個まで、一家族様20個まででお願いいたします。
イートインとテイクアウト、合計10個でお願いしたいです。
(うしろにお待ちのお客さまがいらっしゃらなければ10個以上買い求めていただけますので、よろしければお選びください)。

◎これまではお越しいただいた順に受付表にお名前を書いていただいていましたが、今週から朝の9時30分より整理券をお配りいたします。
パンとサンドイッチ、それぞれご希望の整理券をスタッフよりお渡しいたします。
整理券をお持ちのお客さまに10時のオープンより順番にご案内いたします。

日曜日のネット予約、前日までの電話予約のお客さまご優先でのご案内になりますので、ご予約のお客さまは店頭のスタッフまでお声がけください。

◯木曜・金曜・土曜と10時〜16時でお待ちしています。
イートインスペースではベーグル・米粉の蒸しぱんのほか、ベーグルのサンドイッチやお飲物をご用意していますので、どうぞご利用ください。

◯今週はプレーンベーグルの車麩サンド(650円)と自家製鳥ハムのサンド(600円)、テイクアウトもしていただけるサンドイッチとして、プレッツェルのハムサンド(500円)と洋梨とクリームチーズのサンドイッチ(500円)をご用意しています。

イートイン限定のサンドイッチは、前日の16時までお電話でご予約をお受けしています。
090-5672-3438までお気軽にお申し付けください。
*お電話でご予約をお受けできるのはサンドイッチのみになります。
 当日、パンをご希望の場合は順番にお並びいただきますこと、ご了承ください。

涼しい顔で知らんがなニュースを終わりにします(パンしか焼いてないからニュースなんてないんや…)。

posted by はなとね at 12:36| 日記

2019年05月22日

23(木)〜25(土)は淡河町でお待ちしています…が!

梅雨入り前に気持ちのいい風が吹いています。


5701.jpg

おいしいと思っていただけるのはもちろんのこと、楽しいと思っていただけるようなパンを焼きたいと思います。


今週もまたいつものお知らせの前にお伝えしたいことがあります。


5702.jpg

ありがたいことに今週の土曜日5月25日のベーグル・スチームベーグルはご予約で完売となりました。
サンドイッチはまだ少し数がございます。

サンドイッチとお飲物をイートインしていただくことはできますが、パンをお買い求めいただくことはできませんのでご注意ください。



それでは以下、いつものお知らせと今週の知らんがなニュースです。

◎今週もお買い求めいただけるパンに個数制限をお願いしたいと思います。
現在、一日に焼ける数以上にたくさんのお客さまにお越しいただいていて、お一人でも多くの方にパンを楽しんでいただきたく、ご理解をいただければ幸いです。

パンはベーグル・スチームベーグル(米粉の蒸しぱん)合わせてお一人様10個まで、一家族様20個まででお願いいたします。
イートインとテイクアウト、合計10個でお願いしたいです。
(うしろにお待ちのお客さまがいらっしゃらなければ10個以上買い求めていただけますので、よろしければお選びください)。

◎これまではお越しいただいた順に受付表にお名前を書いていただいていましたが、今週から朝の9時30分より整理券をお配りいたします。
パンとサンドイッチ、それぞれご希望の整理券をスタッフよりお渡しいたします。
整理券をお持ちのお客さまに10時のオープンより順番にご案内いたします。

日曜日のネット予約、前日までの電話予約のお客さまご優先でのご案内になりますので、ご予約のお客さまは店頭のスタッフまでお声がけください。

◯木曜・金曜・土曜と10時〜16時でお待ちしています。
イートインスペースではベーグル・米粉の蒸しぱんのほか、ベーグルのサンドイッチやお飲物をご用意していますので、どうぞご利用ください。

◯今週はプレーンベーグルの車麩サンド(650円)と自家製鳥ハムのサンド(600円)、テイクアウトもしていただけるサンドイッチとして、プレッツェルのハムサンド(500円)と洋梨とクリームチーズのサンドイッチ(500円)をご用意しています。

イートイン限定のサンドイッチは、前日の16時までお電話でご予約をお受けしています。
090-5672-3438までお気軽にお申し付けください。
*お電話でご予約をお受けできるのはサンドイッチのみになります。
 当日、パンをご希望の場合は順番にお並びいただきますこと、ご了承ください。

◯今週は冷凍のベーグルが…ありません。

*今週の知らんがなニュース*

このニュースを考えるのにいつも20分くらい考えこんでいます。

posted by はなとね at 13:04| 日記

2019年02月06日

7(木)〜9(土)、11(月・祝)は淡河町でお待ちしています。

なんだか…なんだか…今年の冬は暖かいですね。
もうこのまましれっと春になってくれたりしたら言うことないんですが、2月はどうなるんでしょう。


5668.jpg

はなとね は茅葺きもばっちり、ベーグルも楽しく焼いてみなさまのお越しをお待ちしていますので、暖かい格好で遊びにいらしてください。


5669.jpg

以前に見よう見まねで作ったサイクルスタンドが物干し竿みたいな高さで超絶不評だったのを修正し、常識的な感じに生まれ変わりました。
よろしければお使いください〜。

そしてそして!!2月11日の!建国記念日は淡河の街のあちこちでイベントが行なわれますっ。


5670.jpg

冬のぶるっと淡河

以前に催された「ぐるっと淡河」の第二弾で、冬なのでぶるっと、だそうです笑。

はなとね も会場のひとつとなっており!!

・淡河産いちごの『いちごマーケット』!
つるまき農園の『焼き芋』!
こだわり三兄弟の『ラーメン』!

などが販売される一日となっちょります!

はなとね もいちごのギモーヴ(マシュマロ)作ったり〜、パンの販売とかテイクアウトのサンドイッチをご用意しようと思っちょります!


以下、いつものお知らせと今週の知らんがなニュースです。

◯木曜・金曜・土曜と10時〜16時でお待ちしています。
イートインスペースではベーグル・米粉の蒸しぱんのほか、ベーグルのサンドイッチやお飲物をご用意していますので、どうぞご利用ください。

◯今週はプレーンベーグルの車麩サンド(650円)と自家製鳥ハムのサンド(600円)、洋梨とクリームチーズのサンドイッチ(400円)をご用意しています。

イートイン限定のサンドイッチは、前日の16時までお電話でご予約をお受けしています。
090-5672-3438までお気軽にお申し付けください。

◯今週は冷凍のベーグルとスチームベーグルもご用意しています。

*ベーグル*

クランベリー(180円)
チョコ&チョコ(180円)
チョコ&オレンジ(180円)
抹茶ホワイトチョコ(180円)
抹茶につぶあん(180円)

*スチームベーグル(米粉の蒸しぱん)*

黒糖きなこ(150円)
抹茶(150円)
杏仁豆腐(150円)
ほうじ茶くるみ(170円)
チョコ&チョコ(170円)

粗熱をとってすぐに冷凍してありますので、こちらは一ヶ月ほどお日保ちいたします。
よろしければお手土産などにこちらもお申し付けください。

お持ち帰りに際し、保冷剤もご用意しています(2つまでは無料。たくさんご希望の場合は4つで20円をお願いします)。

*今週の知らんがなニュース*

以前に作ったカスタードのレシピをなくして半泣きになっています。

posted by はなとね at 16:55| 日記

2018年12月16日

碧亜希子さんのタイルモザイク造形展へ。

(久しぶりの日記です)

先日、モザイク彫刻家の碧亜希子さんの個展、-みなものたみ、空の下-へ行ってきました。


001.jpg

場所は以前の個展でもお邪魔した名古屋モザイク工業大阪ショールーム。


002.jpg



003.jpg



004.jpg

いつお邪魔しても素敵な空間です。


005.jpg

これまでの碧さんの水の粒をイメージした穴空きタイルの作品は立体的なものが多かったのですが、今回は平面に揺らめくようにタイルが並べられています。

近づいてみると…


006.jpg

このタイル、全部がくっついてて全部がキャンバスから浮いてる…。


007.jpg

この作品も…


008.jpg

浮いてる…。


009.jpg

これに至っては…


010.jpg

段差がついて浮いてる…。なんだこれは…。


011.jpg

ひとつひとつ形が違うタイルが繋がって大きな形を作り、それが少し浮いていることで影が生まれ、その奥行きと色にぐっと引き込まれます。


012a.jpg

今回はきれいな照明が当てられていましたが、陽の当たる場所だったら時間によってその色も影も刻々と姿を変えていくのかもしれません。


012.jpg

冷たく固いタイルを柔らかい色で焼き、
たゆたう水の粒の揺らぎをピンで留め、
移り行く時間の陰影をつなぎ合わせる。

相容れないはずの要素がこの水面で共存している様子を観ていると、
人間は留まることで変化したり、
悲しみに降られながらも笑ったり、
過去を背負いながらも明日へと踏み出したりできる、
そんなエネルギーをもった生き物だと思えて元気になりました。


013.jpg



014.jpg



015.jpg



017.jpg



019.jpg



018.jpg

そんな難しいことは抜きにしても、タイルの色がきれいで丸くでかわいくて、肩を寄せ合う様子を観ているだけで楽しかったです。

絶えず自分に正直に変わり続ける碧さん、今回も素敵な作品を撮らせていただいてありがとうございました!

posted by はなとね at 23:45| Comment(0) | 日記

2018年01月27日

本日の道路状況

image1.JPG
先ほど除雪車が通ってくださり、通行可能になりました。
16時までやっていますので、よろしければいらしてください〜。
posted by はなとね at 10:40| Comment(0) | 日記

携帯から失礼します

image1.JPG
おはようございます。
本日、はなとね の前の道は軽く凍結しているようですので、ノーマルタイヤでのご来店は難しいかもしれません。
posted by はなとね at 08:57| Comment(0) | 日記

2017年11月15日

Nightswimming

はなとねの看板を製作していただくなど、足を向けては寝られないモザイク彫刻家の碧亜希子さんが自身のアトリエに床モザイクを作られたと聞き、カメラを片手にお邪魔したのでその時のことをお伝えします。

伺った日は朝晩にはしっかり冷え込むこともある9月末だったのですが、この日は夏を思い出すようないいお天気でした。


5336.jpg

アトリエに入る手前のスペースに白をベースにしたモザイクが施されていました。


5338.jpg

大胆でランダムに並べられているようで、その実、隣り合った石ときちんと繋がっている丁寧な仕事ぶりはまさに碧さんそのもの。
穴のあいた水玉模様は以前、個展にお邪魔した際に展示されていたコロコロとした彫刻「雨のもどりみち」との繋がりも連想しました。


5337.jpg

この質感と立体感を見ると、日頃は意識しなかった石の面白さに気づかされます。


5339.jpg

この床モザイクは碧さんがモザイクの修行をされていたギリシャの海の波打ち際を思い描いて作られたとのこと。ギリシャでは海岸にテーブルを並べてお酒や食事を楽しめるお店があるそうで、そんな風景をイメージした1枚です。
お酒を飲んでいて、ふらりと足を海にひたしに行くなんて、聞いているだけで酔っぱらってしまいそうなサイコーの時間ですね。


5341.jpg

「やっぱり床モザイクは裸足ですよ!」とのオススメに従って裸足でぱちり。足の裏に伝わるひんやりとした感覚は海辺に負けないくらい心地のよいものでした。


5340.jpg

ギリシャではそれほど珍しいものではないという太古の土器のかけら。


5342.jpg

いい光が入ってきたのでサンキャッチャーで集めてぱちり。

いろんな写真を撮らせていただいたので満足し、そろそろ帰ろうかとしていると「この床モザイクの本当の魅力は夜なんですよ…」と碧さん。

ん〜、お昼でもかなり堪能させていただきましたけれど…と思いながら日暮れを待っていると…


5343.jpg

がらりと雰囲気が変わってぐっと落ち着きました。なんというか、夜の暗がりや時間ととても馴染んでいる気がします。


5344.jpg

石もまた昼とは違った表情をみせ、ひとつひとつの石にこもった時の流れが語りかけてくるようです。


5345.jpg

こうしちゃいられないとまた裸足になってごろりと寝転びました。
丸い石のつるつるした肌さわりや、割った石のざらりとした感触を全身で感じていると、ふっと浮くような、すっと沈むような、波に身体を遊ばれているような感覚になりました。


5346.jpg

単身でギリシャへモザイクの修行へ行かれて僕には到底理解が及ばない苦労や思いを積み重ねてこられた碧さんが、お客さんやモザイク教室の生徒さんを迎えるアトリエの入り口に多くのことを体験されたギリシャの海を連想させるモザイクを作られたことに、碧さんという人が生きている時間の流れを感じてなんだかとても嬉しくなりました。

現代において便利であること、わかりやすいことはある意味「正しさ」のひとつではありますが、ひとつひとつ石を並べている人がいること、ひとつひとつ石が並べられた場所があることの豊かさもまた素敵だと思いました。

碧さんにはとても穏やかな場所をみせていただいて感謝しています。
ありがとうございました〜。

*おまけ

撮影中、アトリエに流れていたR.E.M. の Nightswimming



This one laughing quietly
Underneath my breath
Nightswimming

僕は静かに笑い
小声でささやくんだ
“夜に泳いでみないか?”って


posted by はなとね at 01:23| Comment(0) | 日記

2017年07月11日

枚方探訪

ひさしぶりに日記です。

はなとね をオープンする前から、公私に渡ってお世話になっている木工の賀來さんが長らく携わっておられた枚方の家具町Lab.というギャラリーが閉館することになり、最終日にバタバタとお邪魔してきました。


5216.jpg



5215.jpg

こちらには幾度となくパンを配達させていただいたり、いろんな方とお友達になれた思い入れのある場所なので、最後の日にはどうしても立ち会っていたかったのでした。


5217.jpg

最後までたくさんの人をおもてなしされている賀來さん。


5218.jpg

langDesignの浪本さんによるコーラペンのワークショップも大盛況でした。

ひっきりなしにたくさんの方が訪れておられたので、長居は禁物とそそくさと後にしました。

せっかく枚方まで行ったんだからと、少し足を伸ばして…と5年前と同じ誘い文句で家族を誘い…


5219.jpg



5220.jpg



5221.jpg

SEWING TABLE COFFEEまで。


5223.jpg



5226.jpg



5227.jpg

5年前にはまだ はなとね もスタートしていなかったなとか、前に行った時は次男は生まれてなくて、長男と行ったんだなとか、変わらない場所に行って、自分の変化に気づかされるのが新鮮でした。
こんな風に はなとね もお客さんの「しおり」のような場所になれたらいいなぁ。


5222.jpg



5224.jpg

生クリームを浮かべたアイスコーヒー、レレ珈琲と、


5225.jpg

はちみつトースト。
カリッとトーストした食パンにはちみつとゆるくホイップされた生クリームという、シンプルなメニューなのですが、食べた瞬間、シンプルがゆえの「これでいいのだ!」という力強さを感じて夫婦でびっくり。

自分がお客さんになって、静かな店内の雰囲気や、楽しくお友達とお喋りに盛り上がる女性お二人の時間の過ごし方、そこにパンやコーヒーがあることをじっくりと確かめていると、改めてお店をしていること、お店に人が来てくださることの良さを再確認できました。

帰りの車中では「シンプルなものの潔さ」について話していて、帰宅後さっそく はなとね のベーグルではちみつベーグルを試作してみました。


5228.jpg

シンプルに、はちみつベーグル。
おしゃべりのお供にはこれくらいでちょうどいいのかもしれません。

はなとね にもまだまだできることはいっぱいあるなぁと思った一日でした。


posted by はなとね at 17:40| Comment(0) | 日記

2017年06月14日

山をおりて。

先週から自分の勉強不足を猛省し、時間を作って大阪に行ってきました。


5156.jpg



5157.jpg

広場ではマーケットが開催されていたりして、街はとても華やかな雰囲気でした。
ひさしぶりの都会に気圧されて、「おぉ…アーバン…」という、ワケのわからない感想をつぶやいてしまいました。

梅田はいろんな百貨店があるので、パン屋さんを大づかみに巡るのにはとても楽しい街でした。

そして今回、たくさんのパン屋さんを巡って改めて塩パンの人気を確認しました。食パンに力を入れているお店、デニッシュ・クロワッサンが魅力的なお店などお店の特色は様々でも、どのお店にも目立つところに塩パンが売られていて「平家にあらずんば人にあらず」ではないですが、いまや「塩パンを売らずばパン屋にあらず」という感じがしました。

せ、世間知らずとかじゃなくて、は、はなとね は ベ、ベーグル屋だから塩パンがなくても別にいいんです…。そんなこと言いだしたらメロンパンもカレーパンも何にもないんですから。


5158.jpg

いろんなお店をぐるっと回って気になったパンをがしがしと購入。
左上から時計周りに

阪急百貨店 ねんりん家さんのもち粉を使ったバームクーヘン、ブッシュドバーム もっちり芽
阪神百貨店 ルビアンさんのプレーンベーグル
大丸百貨店 聖庵さんのプレーンベーグルとお米食パン
グランフロント シティベーカリーさんのプレッツェルクロワッサン、米粉とヨーグルトのマフィン、バターミルクビスケット

を買いました。
いろんなパンがある中でも、どうしてもベーグルやお米を使ったパンに目がいってしまいます。

特にテンションがあがったのは聖庵さんのお米食パンとシティベーカリーさんの米粉とヨーグルトのマフィン。
お米食パンは前から気になっていた、お米のピューレ「コメネピュレ」を使っているパンで、マフィンのほうは小麦粉を使わず100%米粉ベースなのは珍しいと思ったので。


5159.jpg

がしがしトースターで温めて、


5160.jpg

がしがし実食。


5161.jpg

パンのことになるとつい専門的になってしまい、説明も伝わりづらいかもしれませんが、なんとか一言で言えば、「トーストでちょっと焼いたパンはおいしい」。これはもう、憲法に載せてほしいくらいの真理だな。
あと、他の人が焼いてくれたパンは楽ちんでなんでもおいしい。これは県の条例に制定してほしいくらいの真理です。

せっかく大阪に来たのだからと、かき氷の勉強もしておこうとICE MONSTER(アイスモンスター)さんにも行ってきました。


5163.jpg

台湾発祥のこちらのお店のかき氷はシロップで味付けするのではなく、氷自体に味がついているもの。


5164.jpg

日本限定の杏仁豆腐の味をお願いしました。
食感は氷というよりもシャーベットを削ったようなクリーミーさがあって、頭がキーンと痛くならずにとても食べやすかったです。


5165.jpg

とは言え、40歳前のおじさんはこれくらい食べたあたりで、「うん、まぁ、だいたいわかった」と満足したのですが、食べても食べても減らないし、冷えて冷えて味はだんだん分からなくなるし、後半はなにかと戦うように食べていました。


5166.jpg

添えられていたブラウンシュガーのゼリーや練乳、黒ごまのアイスやライチのシロップ漬けなど、トッピングを駆使して手を変え味を変え、なんとか完食。
誤解のないように言っておきますが、ほんとに美味しいです。ただ、おじさんには途中で冬眠しようかと思うくらい量が多かった…。

パンもかき氷も都会にはハイカラなものがたくさんあって楽しかったなー。
やっぱり時々は外にでないといけないなぁと思った一日でした。

posted by はなとね at 01:49| Comment(0) | 日記

2017年05月09日

碧亜希子個展-Mosaic note-

5080.jpg

先日、大阪市中央区で催されていた碧亜希子さんの個展、-Mosaic note-に行ってきました。


5081.jpg

広い会場にゆったりといろんな表情の作品がならんでいました。


5082.jpg

壁には新作も。わくわく。


5083.jpg

碧さんが初期に手がけられたモザイク作品も飾られていました。
石を並べてかたちを作り、色で陰影をつけていく。
その技術の確かさはこの頃からまちがいのないものだったんですね。
それが年月を経て、どんどん自由になっていくんだなぁ。


5085.jpg

ちいさな街のようで、どこかの壁画のようで。


5086.jpg



5087.jpg



5088.jpg

いろとりどりで、さまざまなかたち。


5089.jpg

『雨の灯り』


5090.jpg

作品だけを照らすライトがユーモラス。


5091.jpg

見る角度によって表情が変わるので、ぐるぐると回っていつまでも見飽きることがありません。


5092.jpg



5093.jpg



5094.jpg



5095.jpg



5096.jpg

ぱちぱちとシャッターを切っていると、ダンスショーを見ているような楽しい気分になってきたので、踊るように写真を撮りました。


5098.jpg



5099.jpg

はじける雨粒のようなタイルの作品を堪能した後、いよいよ新作へ。


5100.jpg

しろい!


5102.jpg

緻密!


5101.jpg

ひとつひとつ石を割って、隣り合う石とのバランスを取って描かれた白からはたくさんの線が浮かび上がり、見ていると不思議とおだやかな気持ちになりました。
思いをめぐらせた時間、手を伸ばした距離のぶんだけ自分の中に降りていくような、とても静かな作品でした。


5103.jpg

いいものを見たなぁと思うと同時に、やっぱり物事にはしっかり向き合わないとなぁと改めて気持ちが引き締まりました。


5104.jpg

残念ながら個展は終わってしまっているのですが、名古屋のアトリエではモザイク教室も開催されていますので、よろしければ参加してみてください。

碧さん、素敵な作品を撮らせていただいてありがとうございました!


posted by はなとね at 22:06| Comment(0) | 日記

2017年04月04日

FARM CIRCUSに行ってきました。

先月、3月30日に隣町の大沢町(おおぞうちょう)に新しくできた道の駅、FARM CIRCUSに行ってきました。


5042.jpg

看板も新しくなってます。


5043.jpg

オシャンティ!


5044.jpg

オシャンティ!!


5045.jpg

神戸の老舗のパン屋さん、ケルンさんがお店を出されていました。
撮影許可をいただいたのでぱちり。


5046.jpg

クロワッサンベーグルとクロワッサンチーズベーグルを買いました(写真は買った後に撮った)。
クロワッサン生地をスチームを効かせて蒸し焼きにしてあって、外側のカリカリと内側のもっちり食感の違いが楽しいパンでした。


5047.jpg

大沢町のいちごを使ったソフトクリーム。
絞る前にマシンにいちごの冷凍ピューレを混ぜていたので、甘酸っぱくて果肉の食感も楽しめました。
もっと甘いかと思っていたので、ソフトクリームで甘酸っぱいって新鮮でした。


5048.jpg

地元のお野菜やお肉を扱うマーケットもあって、遠方から来られた方にはお買い物も楽しめそうでした。


5049.jpg

そして車で20分も走った淡河町(おうごちょう)はこの景色である。
淡河町には店員のお母さん達に会うだけで癒されまくるおそば屋さんがある、ガチの道の駅(笑)もありますので、お時間に余裕があれば道の駅巡りをしてみてはいかがでしょうか。

そしてちょうどその中間あたりに はなとね もありますので、立ち寄ってみるというアイデアも悪くないかもしれませんねぇ…(←ステマ)


posted by はなとね at 18:51| Comment(0) | 日記