2014年10月15日

はなとねへのいきかた(頭文字Kコース)

はなとねへのいきかたを説明させていただきます。
比較的走りやすい「うさぎさんコース」と別に、少しだけ近いけれど、くねくねとカーブが多く、スリリングな「頭文字Kコース」をご案内させていただきます。

兵庫県道38号三木三田線で「弓ノ木」の交差点まではうさぎさんコースをご参考になさってください。

西畑からさらに進んだ先に「弓ノ木」の交差点がございます。そちらを曲がってください。


3144.jpg

かなりのアップダウンとカーブのある起伏に富んでいることから、地元の方のあいだで昔から「淡河のモナコ」と呼ばれている道が続きますが、しばらくまっすぐお進みください。


3519.jpg

下り坂を降りた右手奥に「コイン精米機」が見えてきます。その角を右に曲がってください。

万が一、ここで精米をされている地元の方を見かけても絶対に「淡河のモナコ」の話はしないでください。
店主のウソがバレてしまいます。


3520.jpg

右に曲がる際、リーゼントを真っ赤に染め上げ、黄色い帽子にイニシャルを縫い込んだ、地元でも有数の飛び出し坊や(ワル)、「頭文字(イニシャル)K」が現れます。
夜になると走り回るというウワサもありますので、夜道ではお気をつけください…ヒッヒッヒッ。


3524.jpg

右折から200メートルほどで、なんというか、『ボックス』としか言いようのないものが見えてきます。


3523.jpg

この『ボックス』の横を右折ですっ!
この急展開にはケヴィン・コスナーさんもビックリしていました。
なぜ、突然ケヴィン・コスナーさんが登場するのかは長くなるので割愛させていただきます。


3517.jpg

後はどことなーく、さりげなーく、はなとねがありそうなほうへ進んでいただくと…


3518.jpg

見えたでおじゃる。

安全運転でお越しくださいませ。

なお、お車を停める場所については<こちら>のリンクをご覧くださいませ。

よろしければ地図もご参考になさってください。


3439b.jpg

<プリントアウトされる場合はこちらのリンク先の画像をお使いください>

なお、途中、一瞬だけ怪談っぽい雰囲気になったことをお詫びいたします。
posted by murakami at 14:23| Comment(0) | はなとね
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: