2019年12月24日

碧亜希子モザイク展-Condensed Silence-

最高に素敵な はなとねの看板 を作っていただいたり(お庭のベンチも!)、個展の度(これとか、これとか)に新しいスタイルを見せてくださったりと目が離せないモザイク彫刻家の碧亜希子さんが現在個展を開催中とのことで、出不精な僕も久しぶりに京都まで出かけてきました。


01.jpg

京都は伏見にあるオーナーさんの「遊び場」、ラ・ネージュさんへ。


02.jpg

碧さんがこの場所に惹かれ、当て書き( あてがき)するようにイメージが湧いたという作品はどれもこの空間と馴染み、溶けこんでいるようでした。


03.jpg



04.jpg

午前中に射す光が石を自然に輝かせると聞き、無理を言ってオープン前にお邪魔したのですがこの日は生憎の曇り空。眩しい光こそありませんでしたが、柔らかい光に包まれた作品はすっぴんのようで、これもまた観ていて心地のよいものでした。


05.jpg

「海にはいって水面を眺めながら揺られ、時間が過ぎていく感覚」、その永遠の瞬間と向き合えるような石のゆらめきが。



06.jpg



07.jpg



08.jpg



09.jpg

碧さんは「整然としていること、精緻であることが美しさのすべてではない」と。


11.jpg

灯のゆらめきを眺めているときは言葉を交わさなくとも通じるものがあって。


12.jpg



13.jpg

窓の外に降る雪の白さにはそれぞれの思い出が重なって。


14.jpg

意味や形や色、そういったものにとらわれない、「ただそこにある」ものを作りたいと思ったという一番新しい作品と向き合っていると自分自身もまた、「ただそこにあれ」と言われているようでふっと気持ちが楽になりました。


15.jpg 

こちらの個展は年内は終了し、また来年の1月6日から9日まで催されますので、ぜひ実際にご覧になってみてください。
碧さん、四方さん、素敵な時間をありがとうございました。

posted by はなとね at 20:46| Comment(0) | 日記