2017年06月14日

6/15(木)〜17(土)にお待ちしています。

◯木曜・金曜・土曜と10時〜16時でお待ちしています。
イートインスペースではベーグル・米粉の蒸しぱんのほか、ベーグルのサンドイッチやお飲物をご用意していますので、どうぞご利用ください。

◯お手数ですがお越しの際は店頭にございます待受表にお名前をご記入いただき、しばらくお待ちください。
順番にお声がけいたします。ご予約をしてくださったお客さまは店頭のスタッフにお声がけください。優先的にご案内いたします。

◯今週の《土曜日》はベーグル・スチームベーグル(米粉の蒸しぱん)合わせてお一人様8個まででお願いいたします(うしろにお待ちのお客さまがいらっしゃらなければ8個以上買い求めていただけますので、よろしければお選びください)。

◯今週はプレーンベーグルの車麩サンド(650円)、プレッツェルのハムサンド(500円)と洋梨とクリームチーズのサンドイッチ(400円)をご用意しています。

◯今週は冷凍のベーグルもご用意しています。

プレーン(140円)
クランベリー(180円)
くるみといちぢく(180円)
チョコ&チョコ(180円)
抹茶&ホワイトチョコ(180円)
バジル&チーズ(180円)

粗熱をとってすぐに冷凍してありますので、こちらは一ヶ月ほどお日保ちいたします。
よろしければお手土産などにこちらもお申し付けください。

お持ち帰りに際し、保冷剤もご用意しています(2つまでは無料。たくさんご希望の場合は4つで20円をお願いします)。

◯先週からゆるやかに始まった はなとね のナゾのバリ島推しについて、少しご説明をさせていただきます。
きちんとご説明しておかないと、パン屋としてのキャラ設定を迷走し始めたと誤解されても困りますので(笑)

はなとね は小さな小さなパン屋ですので、ロゴマークやホームページの制作、お客さまにお渡しするリーフレットなども店主がこつこつと夜なべして作っています。

それらは決してプロとしてお金を頂けるものではありませんが、自分で使う「まかないデザイン」としては不足のないものと思いやってきました。

そんなこつこつとした「まかない仕事」を耳にした知人が、「今度バリ島に宿を作るので、そこのロゴとホームページを作ってよ」と声をかけてくれました。

バリ島観光という報酬に目がくらみ(そのあたりのことはコチラコチラ)、ホイホイと受けたのですが結構大変でした。

なんとか仕事として仕上げたのが…


5168.jpg

ヴィラ パドマ ウブド(Villa Padma Ubud)のウェブサイト


5167.jpg

と、宿のロゴデザインです。

この仕事でひとつ勉強になったのは、パン屋はパンを焼くべきだということです。
いろいろとわからないことがあって、途中で夜中に竹槍を振り回しながらどこかに逃げたくなることが数回ありました。

スタートした宿のほうは順調に人気も出ているようでホッとしていたところ、少し前に知人から「ユ〜、パン屋をやっているならバリ島の雑貨も売っちゃいなよ」とジャニー喜多川さんばりの無茶ぶりがあり、そういうのも面白いかなぁと思って荷物を送ってもらいました。

と、いうわけで(長い言い訳にお付き合いいただきありがとうございました)、この夏、はなとね ではバリの雑貨を扱います。


5169.jpg

神戸のベーグル屋とバリ島の宿の謎のコラボです。なんだこれは。


5170.jpg

メインはバリ島のエコバッグ、プラスチックの紐を編んだパサールバッグです。
小さいのが1,100円、中くらいが1,200円、大きいのが1,300円です。
多少濡れても大丈夫なので、シーンを選ばずにお使いいただけます。


5171.jpg

あと、一部でウワサのマニックさんというバリ島の画家さんが描いたきんきらきんの絵。こちらは5,000円。
写真は上手に撮れませんでしたが、実物はほんとに「きんきらきん」なので、とりあえず見て笑ってください。
雰囲気もあっていい絵だとは思うんですが、パン屋で買うものではないかな…。
こちらをお買上げの方には、お好きなパンをひとつ差し上げます。なんかわかんないけど、多方面に妙な責任を感じています…。

そんな感じでヘンな盛り上がり方をしていますが、今週も真面目にパンは焼きますので、どうぞよろしくお願いいたします〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

posted by murakami at 04:27| Comment(0) | はなとね

山をおりて。

先週から自分の勉強不足を猛省し、時間を作って大阪に行ってきました。


5156.jpg



5157.jpg

広場ではマーケットが開催されていたりして、街はとても華やかな雰囲気でした。
ひさしぶりの都会に気圧されて、「おぉ…アーバン…」という、ワケのわからない感想をつぶやいてしまいました。

梅田はいろんな百貨店があるので、パン屋さんを大づかみに巡るのにはとても楽しい街でした。

そして今回、たくさんのパン屋さんを巡って改めて塩パンの人気を確認しました。食パンに力を入れているお店、デニッシュ・クロワッサンが魅力的なお店などお店の特色は様々でも、どのお店にも目立つところに塩パンが売られていて「平家にあらずんば人にあらず」ではないですが、いまや「塩パンを売らずばパン屋にあらず」という感じがしました。

せ、世間知らずとかじゃなくて、は、はなとね は ベ、ベーグル屋だから塩パンがなくても別にいいんです…。そんなこと言いだしたらメロンパンもカレーパンも何にもないんですから。


5158.jpg

いろんなお店をぐるっと回って気になったパンをがしがしと購入。
左上から時計周りに

阪急百貨店 ねんりん家さんのもち粉を使ったバームクーヘン、ブッシュドバーム もっちり芽
阪神百貨店 ルビアンさんのプレーンベーグル
大丸百貨店 聖庵さんのプレーンベーグルとお米食パン
グランフロント シティベーカリーさんのプレッツェルクロワッサン、米粉とヨーグルトのマフィン、バターミルクビスケット

を買いました。
いろんなパンがある中でも、どうしてもベーグルやお米を使ったパンに目がいってしまいます。

特にテンションがあがったのは聖庵さんのお米食パンとシティベーカリーさんの米粉とヨーグルトのマフィン。
お米食パンは前から気になっていた、お米のピューレ「コメネピュレ」を使っているパンで、マフィンのほうは小麦粉を使わず100%米粉ベースなのは珍しいと思ったので。


5159.jpg

がしがしトースターで温めて、


5160.jpg

がしがし実食。


5161.jpg

パンのことになるとつい専門的になってしまい、説明も伝わりづらいかもしれませんが、なんとか一言で言えば、「トーストでちょっと焼いたパンはおいしい」。これはもう、憲法に載せてほしいくらいの真理だな。
あと、他の人が焼いてくれたパンは楽ちんでなんでもおいしい。これは県の条例に制定してほしいくらいの真理です。

せっかく大阪に来たのだからと、かき氷の勉強もしておこうとICE MONSTER(アイスモンスター)さんにも行ってきました。


5163.jpg

台湾発祥のこちらのお店のかき氷はシロップで味付けするのではなく、氷自体に味がついているもの。


5164.jpg

日本限定の杏仁豆腐の味をお願いしました。
食感は氷というよりもシャーベットを削ったようなクリーミーさがあって、頭がキーンと痛くならずにとても食べやすかったです。


5165.jpg

とは言え、40歳前のおじさんはこれくらい食べたあたりで、「うん、まぁ、だいたいわかった」と満足したのですが、食べても食べても減らないし、冷えて冷えて味はだんだん分からなくなるし、後半はなにかと戦うように食べていました。


5166.jpg

添えられていたブラウンシュガーのゼリーや練乳、黒ごまのアイスやライチのシロップ漬けなど、トッピングを駆使して手を変え味を変え、なんとか完食。
誤解のないように言っておきますが、ほんとに美味しいです。ただ、おじさんには途中で冬眠しようかと思うくらい量が多かった…。

パンもかき氷も都会にはハイカラなものがたくさんあって楽しかったなー。
やっぱり時々は外にでないといけないなぁと思った一日でした。

posted by murakami at 01:49| Comment(0) | 日記