2017年06月11日

ご予約のご案内

本日、11日(日)の21時から明日の12時までの間、こちらの予約フォームより、来週15(木)〜17(土)までのパンのご予約をお受けいたしますのでぜひご利用ください。

今回のご予約から、店頭では少し前から販売していたスチームベーグル(米粉の蒸しぱん)の黒ごまのお味もご予約していただけるようになりました。

ごまがお好きな方にも楽しんでいただけるよう、風味のすりごまと食感のつぶごまをたっぷりといれて蒸し上げてありますので、ぜひお試しください〜。


5155.jpg

この週末、関西でも梅雨入りとなりましたが、神戸はお天気にめぐまれてとても心地がよかったです。
はなとね のあるお家はとても古く、文化的にも価値があるお家なので壁に穴を開けたりすることができず、工房にもクーラーがつけられないので夏場はパンの温度調節にとても苦労する工房なのですが、この週末はパン生地にとって丁度いい室温で、楽しくパンを焼くことができました。

期間限定の3種のナッツベーグルに加えて、ディタマンゴーのベーグルも好評で嬉しかったです。
アレルギー体質をお持ちの方にも召し上がっていただきたいとの思いから、基本的に卵・ミルクを使わないパンを作るように心がけていますが、卵・ミルクを使わないことが「制限」ではなく、使わないからこそ出せる味、使わなかったから焼けたパンを焼きたいと考えていて、これらのパンはその理想にひとつ近づけたパンだと思っています。

ピーナッツペーストも味がしっかりした、アメリカの子どもが大喜びしそうなピーナツバターをがつんと使おうかとも考えたのですが(それはそれで面白そう…)、シンプルなピーナッツ100%のペーストだからこそ、他のナッツとの調和が楽しめるかと考えました。

無論、召し上がっていただく際には卵やチーズなどを添えて、思い思いの楽しみかたをしていただきたいのですが、楽しみ方の入り口はできるだけ広くしていたいなぁと思っています。

《今週の反省ニュース》

いつもそんなふうに考えているので、ふらりとパン屋さんに寄っても卵・ミルクを使ったパンは意識からスルーしてしまうことが多いのですが、先日、スタッフさんから「塩パンって美味しいですよね」といわれ、「見たことはあるけど食べたことはない」というと、「あんなに美味しいものを!?」とビックリされてしまいました。

塩パンとは、パン生地にバターやマーガリンを塗りこみ、仕上げに塩をまぶしたシンプルなパンだそうです。
「山奥でパンばっかり焼いてるから何も知らないんですよ…」とあきれ顔のスタッフさんが買ってきてくれた塩パンを食べてみると、なるほど外はサクッと、中はもっちりとしていて、クロワッサンともまた違う食感の美味しいパンでした。

黙々とパンを焼くのが好きで、お庭の雑草を抜いては「めっちゃシブなったやん…」としみじみする、40歳前とは思えないほど華のない日々を送れていることがシアワセではあるのですが、あまりにも世間のパンのことを知らなすぎるのは危険だなぁと思いました。

どんどん世間離れして、知らず知らずのうちに原始家族フリントストーンのような格好で店頭に立ったりしないよう、時々は山を降りないといけないなぁ。


ヤバダバドゥー!

posted by murakami at 17:03| Comment(0) | はなとね