2017年04月02日

ご予約のご案内

本日、2日(日)の21時から明日の12時までの間、こちらの予約フォームより、来週6(木)〜8(土)までのパンのご予約をお受けいたしますのでぜひご利用ください。


5037.jpg

畑に植えたさくらんぼの花も咲き、春らしくなったこの週末もたくさんのお客さまにお越しいただきありがとうございました。

床下ほか、蔵の壁や瓦も修繕していただいて、また次の時代へと歩み始めたこのお家をたくさんの方に見ていただけること、この場所に流れる風を感じていただけることを本当に嬉しく思います。


5038.jpg



5039.jpg

修繕をしてくださった大工の棟梁さんからいろいろとお話を伺い、建物を残していくためには修理の部材や職人さんの技術といった環境も守り、残していかないと簡単になくなってしまうと知り、若手の職人さんを育て、古い建物を守る難しさを教えていただきました。

安い材料や便利な工法がたくさんある昨今、一度まっさらにして建てたほうがよっぽど早くて安上がりな状況で
わざわざ手間をかけて修理をすることの意味を思うと、そういった状況でどんどん古いものがなくなっていく時だからこそ守り、繋ぐ意味も重要性を増しているのかなぁと思います。

といった難しい話は別にしても、一度お越しいただいて、神戸にこんな場所がある、こんな時間の流れ方があることを楽しんでいただき、みなさんの風をお家に通していただけるだけでお家がぐっと元気になるように感じられますので、気軽にお越しいただければ嬉しいなぁと思います。
一応、せっせと焼いたパンもありますし(笑)


5040.jpg

子供の頃には「短すぎる!」と感じていた春休みですが、親の立場になってみると永遠のように感じられ、居住スベースは世界中の泥棒が一晩中運動会をしたのではないかと思うほど散らかっています。

先週はわりとしっかり働いたのですが、今週は台所方面から「家族をないがしろにするでないぞ…いまは春休みなのだぞ…」という紫色のオーラをびんびんに感じるので、家族として見捨てられないためにも仕事はほどほどにしようと思います…。

posted by murakami at 18:11| Comment(0) | はなとね