2016年03月30日

4月のはなとね。

4月の店頭販売カレンダーを更新しました。




これまでと同様、土曜・日曜の10時から16時でお待ちしています。

先日、お知らせいたしました通り、これから一ヶ月の間でいろいろと試したり、変えたりしていこうと思っています。

まだなにも決まっていないのですが、現在検討中の案として、5月以降は

◯事前にお電話でご希望のパンのご予約をお願いしようと思っています。
◯個数制限は設けず、お電話でご予約いただいた順番に、ご希望のパンをご希望の数、焼かせていただきます。
◯ご予約の際におおよそのご来店時間を伺い、お好きな時間にお越しいただけるようにします。
◯(ここはまだまだ検討中ですが)ご予約なしでのパンのご用意はできない…かもしれません。
◯以前のように、きめ細やかな対応はできないかもしれませんし、お届け日時のお約束もできず、かなりお待たせすることになると思うのですが、とにかくネットショップを再開しようと思っています。
◯営業日を、木・金・土に変更させていただくかもしれません。

上記の変更を行なうことで、事前にお電話でご予約いただくお手間をおかけすることになるのですが、

☆お好きな数を、
☆お好きな時間に、
☆行けばすぐに、

パンをお買い求めいただけるようにできると思います。
距離がすべてではありませんが、遠くは大阪・京都・岡山などからお越しいただいても何もご用意できていなかったということもあり、このままではあまりにも申し訳ありませんので、せっかくお越しくださる方には必ずお買い求めいただけるカタチを取らせていただければと考えています。

もちろん、変えることがいいことばかりだとは思いません。

これまでのように気軽にパンをお買い求めいただけることが難しくなりますし、ご予約をお願いしていることをご承知いただいていないお客さまにはご納得していただけないこともでてくると思います。
その点へのお叱りもすべて受け止めていく気持ちで、今回の変更をしようと決めました。

今回の変更を行なった後、どう変わるのか、どういった風が吹くのかについてこのところずっと考えていて、現時点ではいま以上に はなとね は喜んでいただける場所になるだろうという思いを描くことができました。

無論、思い描いたことを実行していくことが必要になりますが、これまでの賑やかでワクワクしていただいていた気持ちとは別の、落ち着いた、心安らぐ時間をご用意できるように努力していこうと思っています。

これまでも新しいパンの試作をする際には、失敗も含めてお伝えしてきた はなとね ですので、この度の変更につきましても、随時お知らせしていきたいと思っています。

また、その過程におきまして、お客さまのご意見を頂戴したい際には伺いながら決めていければと思っています。

…と、言う訳で…



仮に、月曜日にご予約のお電話をお受けするとした場合に、僕はその週のほうが予定が立てやすいと思うのですが、妻は一週間前くらいのほうが予定が立てやすいという意見で、どうにも迷ってしまったので、どうぞあまり難しく考えず、お気軽にぽちっとご意見をお聞かせいただければありがたいです。


これまでと物事を変えるのはご迷惑をおかけしますし、いろいろと難しい部分もあるのですが、何度も何度も考えているうちに、これまでの はなとね になかった食の楽しさをお届けできそうな気がして、もう結構やる気になっています。

どうぞアンケートにお答えいただければありがたいですっ(これ、Twitterのアカウントがいるんだろうか…)。


posted by murakami at 14:46| Comment(0) | はなとね

2016年03月28日

はなとねの花と根。

3月は「Switch」をテーマに過ごした一か月でした。
三寒四温でまだ寒さが足を踏ん張っている中、ややフライング気味に春の気配を見つけ、気持ちを切り替えていくのはなかなか楽しかったです。

そして、4月はいよいよ春本番。
意識せずとも暖かい日差しに引き上げられて、めいっぱい新しい空気を身体に巡らすことができる季節です。
また、卒業・入学を経て、それぞれに新しい環境での日々が始まるタイミングでもあります。

はなとねもこのタイミングで、少し新しいことを始めようと思います。
2012年にネットショップとしてスタートし、生協さんやいろんな場所で販売させていただいた1年と、現在の神戸市北区淡河(おうご)町に移り、店頭販売を始めてからの1年半で本当にたくさんの方に はなとね のパンを召し上がっていただきました。


自分が使いたい・自分が食べたい材料で、手仕事を楽しみながらパンを作る。
そんなワガママ放題でやらせていただいている はなとね にみなさんが興味を持っていただいたこれまでの日々は本当に感謝しかありません。

これまで、週の前半に仕込みをし、週末に思う存分パンを焼かせていただける毎日がただただありがたく、楽しいだけでやってきたのですが、最近はもう、ワガママなだけではダメなのかもしれないと思うようになりました。

お客さまのご好意に甘え、オープン前の朝早くからお並びいただいたり、個数制限をお願いしたり、お買い求めいただくまでお待たせしたり、来ていただいても売り切れていたりと、申し訳なく思うことがたくさんあるままで、お客さまに甘えつづけているわけにもいかないな、と。

もっと話をさかのぼれば、アレルギーをお持ちの方にも召し上がっていただけるように考えたスチームベーグル
だったにも関わらず、ネット通販まで手が回らないこともこのままではいけないな、と。


淡河に移ってからこれまでの はなとね は、神戸の海側や大阪市内からでも高速道路を使えば1時間で茅葺き屋根の魅力を感じていただける、そのお手伝いとしてパンを召し上がっていただけたら、という「花」としての食の楽しさに注力してきました。

しかし、この春からは実直に作ったものをきちんとお届けするという、パン屋としての「根」の部分にしっかりと取り組んでいこうと思います。


「朝早くから並ばないといけない」から「お好きな時間」へ。
「個数制限で8個までしか買えない」から「お好きな数だけ」へ。
「整理券でかなり待たされた」から「行けばすぐに」へ。
「行ったけど買えなかった」から「行けばある」へ。
「行かないと買えない」から「ネットでも買える」へ。


それだけの変化をするためには、お客さまにもこれまでとは別のご理解・ご協力をお願いすることになると思います。
ただ、この先も はなとね を続けるにあたり、進んでいくべきはこちらなんだろうなという気はしています。


卵・ミルク・油脂を使わずにお米で作ったスチームベーグルは作った次の日にはご飯と同じように固くなってしまいますが、蒸したてのモッチリとした食感は他にはないものだと思います。
また、手で輪っかにしていくベーグルは、きれいな輪に結びたくて、すべてのベーグルとひとつひとつ向き合って作っていくパンです。

どちらも作り手として、常に恥ずかしくないものを作れているかを問われると同時に、食べものを作る喜びを感じながら作っています。

これらのパンをみなさまの手に届けるまで、みなさまのお口に入るまで、丁寧に向き合っていきたいと思うようになりました。

まだ細かいところまで決められたわけではないのですが、これまでの日々でみなさまに育てていただいた「はなとねらしさ」を枯らすことなく、風を通していきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。


4515.jpg


……真面目すぎる!!


posted by murakami at 23:02| Comment(0) | はなとね

先週のおうごんマルシェ。

先週日曜日の店頭販売は「おうごんマルシェ」が催され、いつもと違った賑やかな一日になりました。


4511.jpg

森本さんのお野菜と…


4512.jpg

地元淡河(おうご)のいちご。めっちゃ甘かった〜。


4513.jpg

北野さんのお米は…


4514.jpg

土鍋で炊きたての試食ができました。

どのブースでも話に花が咲き、楽しみながらお買い物をしていただけたようでよかったです。

今後もまた、こういった楽しい催しができればと思っています。
「おうごんマルシェ」を開催してくださったみなさま、お越しくださったみなさま、ありがとうございましたっ。


posted by murakami at 21:38| Comment(0) | はなとね

2016年03月27日

日曜日ぶん、

完売しましたm(_ _)m
posted by murakami at 10:32| Comment(0) | はなとね

2016年03月26日

26日、土曜日ぶん

完売しましたm(_ _)m
posted by murakami at 11:40| Comment(0) | はなとね